日焼けに対するナチュラルケア

☆☆☆ 品川でブライダルエステなら ☆☆☆

日焼けのケアとしては、肌が赤くなっているうちは冷水でよく冷やし、少し落ち着いてきたならばほてりを鎮めて炎症を抑える精油を利用して手入れをするといいでしょう。

手入れ用のローションは、グリセリン5mlにラベンダーの精油を数滴加え、ウィッチヘーゼルローションを50ml混ぜます。これを冷蔵庫で冷やし、スプレー用の容器に入れて日焼けした肌にスプレーします。

肌のほてりが収まったならば、炎症を抑えて、栄養を与える精油や植物油を使ったボディオイルを塗ります。イブニングプリムローズオイル、セサミオイル、ホホバオイルをブレンドしたものにゼラニウム、ラベンダー、ローマンカモミールの三種類のオイルを数滴混ぜ合せるとボディオイルができあがります。このオイルを陽に焼けた肌にやさしく塗っていくことで、シミを予防することができます。

日に焼けたあと、まだ肌にほてりが残っている場合にはローズの精油をぬるめのお湯に落としてから漬かるようにすると効果的です。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク